カラーメッセージ

色で元気になる方法

投稿日:

こんにちは、伊藤真穂です。

先日子供の体調不良で、
仕事をキャンセルしなくてはならない事態が起きました。

もう10年近く、

子育てしながら講師という代わりのいない仕事をしているので、こんな思いは何度となく経験してはいるものの、毎回落ち込むものです。

社会人として、
プロの講師として、

授業に穴を空けることが許せないのです。

でも、

自分の子どもを大切にできずに、

『お母さんのためのカラーサロン』はできませんね。

あえて『子どもが一番!』でいる私のところに、
学びにきていただきたい。
今はそんな風に思って、
なんとか乗り越えられるようになりました。

 

落ち込んだ時に元気をくれる色

そんな風に落ち込んだ時、
元気をくれる色は何色でしょうか?

 

色は、どんな色でも元気をくれます。
その時々で、必要な色は違います。

 

レッドは、動けない自分の背中を押してくれるでしょう。前に出るパワーが必要な時に効果的です。
赤

 

イエローは、沈んだ気持ちを明るく照らしてくれます。
イエロー

 

オレンジは、楽しい気持ちにさせてくれます。友達に会っておしゃべりしよう!と思うかも。
オレンジ

グリーンは、疲れた身体を癒してくれます。疲れていたらしっかり休まないと、元気にはなれません。
グリーン

パープルは、沈んだ心を癒してくれます。しばらく1人でじっくり考えてから、次に進みたい時。
パープル

必要な色はその時々で違う

いつも大好きな色も、
今日はちょっと違う・・

そんな時もあるかもしれません。

理屈ではなく直感で、

【なんだかこの色見てると元気になる】と思ったらその色が、

今の自分に元気をくれる色なのです。

 

 

今日の私は、オレンジかな・・・と思っていました。

でも外に出てこの景色を見たら、背筋が伸びました。

自宅からの景色

同じレッドでも、
紅葉は明度が低いので、

外に向かってがんばる!というよりも、

自分の内側をしっかりと充実させていきたい・・という思いが強くなります。

 

色の力の使い方

元気をくれる色が見つかったら、
それをどう取り入れるかですね。

  • 眺めてみる
  • 身につけてみる
  • インテリアに取り入れる
  • 小物として持ち歩く
  • 色をイメージして深呼吸してみる
  • 瞑想してみる

色は肌で感じるものなので、
身につけるのが一番効果的ですが、

好みとか似合う色とかありますからね(笑)

(でも似合う色ってやっぱりその人らしさだったりするのです)

カラーブリージング

一番即効性があって、

どこでもできて手軽なのは、
この方法です。

深呼吸

色をイメージして、
深呼吸します。

深呼吸するだけで、
身体中に酸素が行き渡るのを感じると思います。

つま先から指の先、頭のてっぺんまで。

鼻から吸って、
口からはきます。

その時に、
色をイメージしてください。

その色が、
身体中の血管に行き渡るイメージをもって。

 

充電したら前に進めますよ。

 

”今”を生きましょう。

 

 

ブログ村
にほんブログ村

-カラーメッセージ
-,

Copyright© カラーセラピー横浜 color's HUG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.