RYBカラー おすすめの本

日本の伝統的な色のそのものの歴史や名前を詳しく知るのにおすすめの本

投稿日:2015年8月7日 更新日:

こんにちは!伊藤真穂です。

 

今日ご紹介するのは、
RYBカラーリーディングカウンセラー養成講座でもご紹介する、こちらの本。

日本の色辞典

『日本の色辞典』
紫紅社 吉岡幸雄 著

色そのものについて知識を深める

これは、色彩心理の本でないので、色の意味が書いてるあるわけではありませんが、日本の伝統色名と、その色がどうしてできたのか、なぜその呼び名になったのか・・など、かなり詳しく書いてあります。

『臙脂』
『深緋』
『檳榔樹黒』
・・・etc

全部、色の名前です。
読めませんよね(笑)

カラーセラピーから色の世界に入った方は、

色彩言語がある程度わかるようになったら次のステップとして、
『色そのもの』について深く学ぶのも面白いですよ。

そこから意味がつながっていくこともあります。

RYBカラーリーディングカウンセラー養成講座では、色の知識やカウンセリング手法だけではなく、色のこと、思想、歴史、生きていく上でのバランス・・。

12時間にたっぷりつまっています。

『この色は、どの色で構成されているのか?』
RYBカラー
ワークを通して少しずつ落とし込んでいきます。

『どんな色の意味もわかるようになりたい。』

 

そんな方にお勧めです。

 

RYBカラーリーディングカウンセラー養成講座

全12時間 ¥62,000(テキスト・ツール代別途¥2,200)

詳細はこちらから

最新スケジュール

 

 

ブログ村
にほんブログ村

-RYBカラー, おすすめの本
-,

Copyright© カラーセラピー横浜 color's HUG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.