数秘&カラー

自分の使命を知る【表現・使命数】とは?

投稿日:2016年9月28日 更新日:

数秘&カラー診断では、生年月日とお名前から以下の4つをお伝えしています。

  • ライフパス
  • ペルソナ数
  • ハート数
  • 表現、使命数

この記事では、
表現・使命数について解説します。

表現・使命数とは?

ディスティニー・ナンバー、運命数、表現数、使命数などとも呼ばれています。

  • この世における使命
  • 社会的な役割
  • 人生の目標
  • 課せられている役目
  • この世で成し遂げようとしていること

・・・etc

人生の目的、しなければならなことは何か?を知ることができます。

使命

 

この世に生まれてきた意味

人はこの世に『なんらかの使命を持って生まれてきている』という話を、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

”使命”というと、いささか大げさに聞こえるかもしれませんね。

”役割”

”やるべきこと”

”目標”

そんな風に、捉えてみてください。

”気質”と”使命”の違い

表現・使命数は、生まれ持った時点で与えられたその人の”気質”や”本質”、”才能”といったライフパスとは違います

ライフパスは生年月日からですが、
表現・使命数は名前から導きます。

この世に生を受けて、”名付け”という儀式を介して与えらたものなのです。

赤ちゃん

 

得意なことと仕事

例えば、小さいころから絵を描くことが大好きな少女がいたとします。

絵を描くことで、自分を表現し、癒される。

将来は画家になりたい!
絵を描く仕事をしたい!

そう思っていたのに、
実際は全く違う仕事についている。

『描くことを仕事にするのは、何かが違う』と感じて。

今でも週末や時間のある時には絵を描きます。
周りからは『プロ並みなんだから転職したら!』と言われても、今の仕事にはとてもやりがいを感じているし、自分自身をすごく向上させてくれる大切な仕事だと思っている・・・

そんな話、
聞いたことがあると思います。

絵を描く

 

ライフパスと一緒に考えてみる

もちろん世の中には、小さい頃からずっと好きだったこと、得意だったことをそのまま生涯の仕事にしている人もたくさんいます。

きっとその方は、

ライフパスと表現・使命数が同じか、違和感のない数字の組み合わせなのかもしれません。

もしもライフパスと、
表現・使命数がかけ離れた数字である場合、

自分の進むべき方向に迷いがでる時期が、あるかもしれません。

その人の持つ”才能”や”センス”と、この世でやるべき”役割”が違うのですから。

 

それぞれを伸ばすこと

もし違う性質を持っていたとしても、

それぞれを自分なりに受け止め、
理解し、

伸ばしていけばいいのです。

ライフパスを受け入れ、
自分らしさを発見すれば、

表現・使命数で与えられた役割も、
全うできる準備ができるのです。

例え真逆だったとしても、

それぞれが補い合い、さらに素晴らしい道を開いてくれるかもしれません。

 

道

 

 

役割を全うすることで得られること

これまでも、

皆さんは人生の中で様々な”役割”を担ってきたのではないでしょうか。

  • 子どもという役割
  • 妻という役割
  • 母という役割
  • 組織の中の役職
  • グループ内でのポジション

それは、すべて”自分のため”だけにやってきたことでしょうか。

むしろ、

”誰かのため”

”何かのため”

”社会のため”

そう感じることがあったと思います。

そして、

すべて受け入れ、やり遂げたと感じた時、それがたとえ自分のためだけではなかったとしても、心が満たされる”満足感”、”達成感”が得られたはずです。

子どもの笑顔

 

本当の意味での満足感

表現・使命数を理解し、
それを自分の与えられた運命だと受け止めること。

そして、

意識し開花させることで、
世の中に貢献できたという達成感、満足感を手に入れることができるでしょう。

きちんと意識すればするほど、
必要なタイミングで、必要なものを逃さずキャッチすることができます。

表現・使命数を知って受け入れることは、
本当の意味での満足感を手に入れるための、

とても大切な方法の1つなのです。

赤い花 

 

その他のわたし

 

 

自分の数秘&カラーを知る

-数秘&カラー
-

Copyright© カラーセラピー横浜 color's HUG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.