おすすめの本

セラピスト養成講座に役に立つ『聴く』を理解するためにおすすめの本

投稿日:2015年9月7日 更新日:

こんにちは!伊藤真穂です。
今日は、TCカラーセラピスト養成講座で
使用する本についてのご紹介です。

はじめての傾聴術

↑『はじめての傾聴術』
古宮 昇 著
※記事の最後にリンクがあります。

 

TCカラーセラピスト養成講座では、
様々な本をご紹介しながら、
色について楽しく学んでいきます。

 

セッションについて学ぶとき、
『傾聴の大切さ』をしっかりとお話させていただきます。
セラピストになったら、
クライアントの言葉をしっかりと傾聴し、
受容することがとても大切です。

難しい理論より、
ごくごく当たり前のことがやさ~しく書いてあります。

 

イラストが多いのも、私みたいな人には有難い!

 

その中で、親としてはちょっとドキっとするような項目が。。

”無気力な子供は自尊感情が低い”
→自分の価値を感じられないとやる気がおこらない”過保護な親は自尊感情が低い”
→先回りする親を持った子供はやる気をなくす”親の子育ての態度と子供の心”
→赤ちゃんは親の力を借りて育ち、人への基本的信頼感を育てる”無条件の愛がこどもを成長させる”
→人は無条件に愛され、受け入れることを求める”子どもの心の傷は2パターンの表れ方をする”
→傷ついた子どもは、悪い子か良すぎる子になる

 

著者によると、

”自尊感情”とは自分に対する評価感情で、自分自身をかけがえのない存在と感じられる気持ち”

と、あります。

カラーセラピーや育児にかかわらず、
社会や友人同士の人間関係、
すべてに共通することですが、
『自分を受け入れられる人は相手のことも受け入れられる』

自分もそうでありたいし、
子どもにもそんな子になって欲しいですね。

 

『受け入れる』

色でいうと、
ブルーですね。

ブルー

 

↓ご紹介した書籍はこちらです

プロカウンセラーが教えるはじめての傾聴術

 

ブログ村

にほんブログ村

-おすすめの本
-

Copyright© カラーセラピー横浜 color's HUG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.