カラーセラピー

子育ての孤独感からの解放は、無条件に人に話を聴いてもらうこと

投稿日:2016年11月28日 更新日:

私がカラーの世界に入ったきっかけは、TCカラーセラピーでした。

TCカラーセラピーボトル

 

 

孤独な育児を思い出す

長男が0歳~1歳の時、主人の転勤で誰も知らない土地で1人で『孤育て』していました。

1週間、主人以外と誰ともしゃべらない・・なんて普通でした。

 

誰でもいいから、
私の話を聞いてほしかった。

 

カラーセラピーと出会った時は、それから8年近く後のこと。

初めてカラーセラピーを受けた時に、その時のことを鮮明に思い出しました。

『もしあの時、このように話をする場があれば、私はもっと育児が楽にできたのではないか』

と思いました。

ただ聴いてもらうこと

美しいボトルを見ながら、
自分の話を、

ただ聴いてくれる人がいる。

そして、
本当の自分に気づくことができる。

カラーボトル

子どもとしか話していない私は、
どれだけ話すことに飢えていたのか、

その時は気づいていませんでした。

子どもへの接し方も変わる

もしもあの時こんな時間があったなら、

もっと心に余裕ができて、
子どもへの接し方も全く違うものになったのではないでしょうか。

たった1時間でも、
集中して話を聴いてもらうこと。

その大切さに、
あの時は気づいていませんでしたが・・

 

無条件に聴いてもらう

カラーセラピーは、
自分の心の奥底にしまっている自分に、

気づいてあげることができます。

1人ではできません。

聴いてくれる誰かが、
いるからです。

潜在意識にある自分

心の奥底にしまっている自分は、
普段はでてきません。
(潜在意識)

でも、
そこに気づいてあることで、

いま自分が知っている自分は、
ずっとハッピーになります。
(顕在意識)

潜在意識にあるものを、
顕在意識にあげていくのが、

カラーセラピーです。

カラーセラピー

 

セラピストという仕事

私たちは、
セラピストというプロの聴く人。

あなたの話を否定したり、
決めつけたりしません。

友達に話すのもいいですが、
なんの利害関係のない人だから話せることもあります。

他人だから、

客観的にみることもできます。

img_0950

1人でも多くのお母さんが、
すてきな笑顔でいられますように。

 

カラーセラピー診断

 

-カラーセラピー
-

Copyright© カラーセラピー横浜 color's HUG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.