カラーメッセージ

子どもに持たせる小物の色選びは【いまのその子らしさ】にこだわりたい

投稿日:2015年1月10日 更新日:

こんにちは!伊藤真穂です。

2014年の年末に京都に行った時、すてきなお箸があったので家族分購入しました。

お箸

 

日本の伝統色のお箸です。
京都らしい和風さがステキで、思わず買ってしまいました。

選んだ色からのメッセージ

私は『桃花色』。

白が多めに入った明るめのピンクです。

家族のために優しいお母さんでいよう・・という願望です。少し前なら、自分が家族を引っ張っていくようなリーダーの色、鮮やかなレッドを選んだかもしれません。

 

長男は『若葉色』。

優しく周囲に気を配れるグリーンが強かった長男ですが、最近は知的探究心を持ちながら、自由で子どもらしいイエローにあふれています。

でも完全なイエローではない、ちょうど真ん中、黄緑が彼らしい。

 

主人は『茄子紺』。

ごく暗いパープル。思慮深く、謎めいています。ヒゲも濃いが、中身も濃い。

日本の色名の美しさ

私は日本の色名が、とても好きです。

鶯色(うぐいすいろ)、藍色、瑠璃色、浅葱色(あさぎいろ)、牡丹色・・・

日本語の美しい響きに、美しい風景が自然と浮かんできます。

 

次男はまだスプーンですが、もしお箸を買ってあげるなら何色にしようかな・・。

活動的で意思の強さを感じるところはレッドだけど、父親譲りの黙々としたインディゴの雰囲気も醸し出しています。個性的なパープル・・・子どもですから未来への"希望”、白をたくさんいれて、明るめの紫が似合いそうです。

 

子どもの持ち物に取り入れる色

持ち物には、取り入れたい色、意識したい色、テーマカラーやラッキーカラーを取り入れるといいのでしょうが、子どもには、そのまま今のその子にしっくりくる色を選んであげたい、と思っています。

それは、

『今のあなたでいいんだよ』という、母からのメッセージです。

 

未来のある子どもたち。

可能性にあふれているからこそ、今この瞬間を大切にしてあげたいですね。

 

 

ブログ村
にほんブログ村

-カラーメッセージ
-

Copyright© カラーセラピー横浜 color's HUG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.