数秘&カラー

子どもの数秘を知ることの意味

投稿日:2016年12月18日 更新日:

数秘&カラー診断を希望されるママのほとんどが

『私もみてほしいけど、夫や子どもの数秘を知りたい!』

そう言われます。

 

この記事では、
お子様の数秘を知ることの意味について、

お伝えしていきます。

 

子どもの数秘は知ったほうがいい?

結論から言うと、

Yes!です。

 

なぜかというと、

お子様の数秘を知ることは、『客観的に子どものよいところを見れる』ことに繋がるからです。

具体的にご説明しますね。

癖になってる『ダメなところ自慢』

子どものいいところ、かわいいところ、素敵なところ・・・

お母さんなら、
たっくさん知ってますよね。

ただ日本人は、
あまり人前で自分の子どもを褒めることってしません。

『うちの子は、頭がよくて、優しくって、本当にいい子なのよー』

そんなことママ友の間で言ったものなら、
もう二度と誘ってもらえません。

 

いつしかママは、

『うちの子って本当にこんなところがダメで、困ってるのよ〜』

なぜか、ダメなところ自慢のほうが、
得意になってくるのです。

子ども

言ってることは現実になる

”言霊”なんて言われていますが、
ことばのチカラって、私達が思う以上にすごいのです。

この話だけで10記事ぐらい書けそうなんで、ここではやめておきますが。

 

1つだけお伝えすると、

『発した言葉は、現実となる』

だから、例え本人の前じゃなくても、子どものダメ出しばかりしていると、その通りの子になるのです。

子ども

 

人間は”思い込み”をする

もう一つ。

人間とは、非常に思い込みの強い生き物です。

 

『小さい時に親にこう言われた』

『あの人は私のことをこんな風に思っている』

本当かどうかもわからない勘違いを、そのまま本当のことだと思って生きていってしまう。

 

私も”納豆はマズイに決まっている”という思い込みを、未だに外すことができません。(食べたこともない)

 

『うちの子は、いつもこうなのよー』

それってもしかしたら、

お母さんの『どうせこの子はできない』という、思い込みかもしれません。

 

 

客観的に見ること

そんなダメ出しの日々と思い込みのおかげで、
お母さんは自分の子どもの”本質”が、見えなくなることがあります。

でもそれは、当たり前のことなんです。

一番近くにいるからこそ・・

近い人ほど、理解できない。
一緒にいる時間が長ければ長いほど、客観的に見れない。

これは親子だけではなく、
世の中のありとあらゆることが、そうなんです。

転職した後に
『やっぱり前の会社がよかった』って思ったり、

その時はイヤで別れた彼氏を
『やっぱりあの人が一番よかった』みたいな。

一緒にいるときは、
本当の良さなんてわからないもの。

黄色い花

 

 

親子には”責任”もある

特に母親の場合は、

『この子をちゃんとした人間に育てるのが私の役割』という”責任感”もある。

これもまた、
思い込みだったりするんだけど。

でもこれも、仕方ないのです。

母親はいつだって、

周囲の目、
ママ友の目、
先生の目、
義理の親の目、
ご近所さんの目・・

きびしーい目に囲まれて生きているんだから。

 

本当は子どもを褒めてあげたい

お母さんは本当はいつだって、
子供のことを心から褒めてあげたい

『うちの子は世界で一番かわいい』
『うちの子は最高!』

心の奥の奥の中では、そう思ってる。

だから個人面談で先生に、
ちょっと褒められただけで、

ホロっとしちゃったりして。

 

数秘&カラーは客観的な視点で褒める

数秘&カラー診断は、

 

その子が生まれながらにしてどんな資質を持っているのか、

どんな可能性を秘めているのか、

どんな風に見られるのか、

どんなことで満たされるのか、

どんな使命を持って、
この世に生まれてきたのか・・

 

そんなことを、
あくまで客観的にお伝えします。

そこには”思い込み”も”勘違い”もありません。

子どもを背負う

ポジティブな言葉の大切さ

”言霊”の話に戻ります。

数秘&カラーでお伝えするメッセージは、

とってもポジティブです。

 

占いの中には、ネガティブなキーワードを投げまくるものも、まれにあります。

例えば『来年は大きなケガをするから気をつけて』と占い師さんに言われて、

”来年私ケガするんだって!”
”ケガするから気をつけないと!”

って騒いでたら、

宇宙の法則的にも、
本当にケガすると思います。

だから、

ポジティブな言葉を受け取り
それを発することは、

本当に大切なことなんです。

 

決めつけないこと

でも1つだけ、

お子様の数秘を知る前に、
お伝えしておきたいことがあります。

それは”決めつけないこと”です。

子ども

 

 

本当はお母さんが一番知っている

数秘&カラーでお伝えするお子様の”資質”や”可能性”というのは、
お母さんはわかっていたけれど、
見失っていたものなのです。

自分で産んで、
自分で育ててきたんだもの。

子どもの本当の姿を誰より理解しているのは、

私でも数秘でもなく、

お母さんなんです。

 

どう受け止めるか

数秘&カラー診断は、

子育てをがんばるあまり見失っていた、
お母さん自身の心の目を、

思い出させるためのツールなだけ。

 

大切なのは、

”どんな子か”を知ることだけではなく、

自分がどう受け止め、
どんなことに気づき、
これからどうするのか。

 

愛情の大切さに気づく

私自身、
我が子2人の数秘を知り、

多くの皆さんと同じように、
『やっぱりね』という感想でした(笑)

やっぱりねってことは、
わかってたんです。

でも、忘れてました。

だから再確認して、
自分が本当に子どもたちを心から愛していることに、気づくことができました。

実は欠点と思っていたすべてが、

愛おしい部分だったのです。

 

数秘&カラーには、

たくさんの愛が溢れています。

 

お子様の数秘を知ることは、
お子様への愛情を再確認することでもあります。

 

『子育てに自信がない』
『子どもがわからない』

そんなお母さん。

もう一度、原点に戻るお手伝いをさせてくださいね。

 

自分の数秘&カラーを知る

-数秘&カラー
-,

Copyright© カラーセラピー横浜 color's HUG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.