お客様のご感想 カラーセラピー診断

同じイエローでもどんなイエローかで、色の意味は違ってくる

投稿日:2016年11月27日 更新日:

こんにちは、伊藤真穂です。

先日は、
RYBカラーリーディングのセッションでした。

RYBカラーセッションシート

 

セラピーではなくリーディング

RYBカラーは、

”セラピー”とは呼ばず、
”リーディグ”と言います。

”セラピスト”ではなく、
”カウンセラー”と言います。

Reading

選んだ色から、

どう見るか?
どう読むか?

その色を選んだ意味を、
読み解いていきます。

覚えるのではない

だからRYBカラーリーディングカウンセラーになる学びも、
色の意味を覚えていくのではなく、

読み解いていくのです。

昨日のお客様は、

Yellowの中でも、
RedよりのYellowを選ばれました。

Yellowの”思考”に、
Redの
”目に見える形にする”
”現実化する”

が入ると、

『頭の中にあるものを形にしたい』

そんな風にも、読み解けます。

もちろん、
他にもたくさんの見方があります。

そこは、
クライアントに寄り添っていきます。

その方が選んだ色だから、
その意味になるのです。

セッションのご感想

『とても興味深い体験でした。』

『自分の中で目を背けてフタをしていた部分と、向き合えることができました』

ありがとうございました!

 

色の意味を理解したい方
↓↓
RYBカラーリーディングカウンセラー養成講座

 

カラーセラピーを受けたい方
↓↓
カラーセラピーセッション

 

-お客様のご感想, カラーセラピー診断
-,

Copyright© カラーセラピー横浜 color's HUG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.